病院紹介

ご挨拶

理事長ご挨拶

思いやりと慈しみの心を大切に… 1人ひとりへ、やさしい医療を。

 鈴鹿の地で診療所を開設以来、村瀬病院は地域のみなさまのニーズに応えてまいりました。診療所時代の気持ちを大切に受け継ぎ、患者様1人ひとりの目線に立った医療サービスを提供しております。
 優れた専門的知識を有する各科の医師、そして診療に関わる看護師、理学療法士…全ての職員が一丸となり、患者様に最善の医療を提供するために、日々努力をしております。高い専門性を有する各診療科にて、最新の医療を実践することを目標としております。患者様が辛い、痛い検査や治療ではなく、負担が少ない「やさしい医療」を選択してまいります。
 私は、優秀な人材(ヒト)、最新最良の設備(モノ)、そして長年の安定経営…3つが機能しているからこそ、患者様へより優れた医療サービスがご提供できると考えます。時代の変化に合わせて「常に前進」しながら、みなさまから「選ばれる病院」を目指して努力を重ね、選んでいただいた患者様が満足し、幸せになっていただくことを目標に、全ての職員が一丸となって精進してまいります。

理事長 村瀬泰史

院長ご挨拶

豊かな人生をともに歩む、地域密着のアットホームな病院

 本院は、昭和32年に鈴鹿市神戸地区に開設された地域密着型医療施設です。県内全域を対象に、脊椎を中心とする整形外科全般の先進的医療と、心臓、血管、呼吸器、消化器、糖尿病、腎臓病、それぞれの認定専門医が診療する内科全般の診療科です。常に最善の医療を提供するために、CT.MRなど最新の機器を取り揃えています。

 また、医療施設として「高齢者のニーズに全て応え、安心な医療を提供する」という一つの信念を持っています。本院は徒歩圏内にショッピング施設、喫茶店、レストラン、本屋、スポーツクラブ、公園、市役所等があります。この都会型空間にある病院として最も重要な課題は、周辺にお住まいの高齢者が活力ある老後を送っていただくための医療・介護を提供すること。地域医療のモデルとなることを理念とし、毎年付属施設を整えてきました。現在は、脳梗塞や脊椎症に対する回復期リハビリテーションの充実、認知症の方をケアするグループホームの増設など、今の鈴鹿市に必要なトータルケアを目指して動いています。

 地域医療に軸足をしっかり置く本院は、医師、看護師、薬剤師、栄養士、検査技師、理学療法士、作業療法士、ケースワーカーなどで一つのプロジェクトをつくり、密に連絡を取り合いながら、それぞれが責任を持って対応しています。医療安全対策や感染症対策、栄養管理、褥瘡対策などについてもチームを設立し、一丸となって努力しています。
 地域住民の一生を考えながら健診・医療・介護・福祉を連鎖的に行うことを目標とし、訪問診療・訪問介護といった支援体制の拡充もすすめています。予防医学にも力を入れていて、入院となった場合は急性期の治療にとどまらず、リハビリテーション、在宅医療など、急性期に引き続く後方医療を支える包括的医療をさらに充実させていきます。今後も、地域とともに歩む村瀬病院にご注目ください。
 私は、地域のみなさまとのコミュニケーションを大切にしています。何かお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

院長 井阪直樹


COPYRIGHT © Murase Hospital All Rights Reserved.