ご利用案内

看護部のご紹介

看護部長挨拶

「やさしさと思いやり」を大切に患者様・入所者様をサポートします。

 鈴鹿市は三重県北部に位置し、奈良時代には東海道伊勢国の国府が置かれた長い歴史を持ちかつての市街地は旧城下町の神戸、漁港の白子、軍のあった平田の3か所に分散していました。近年ではF1日本グランプリやオートバイ8時間耐久レース等国際及び国内レースが多数開催されています。

 村瀬病院は、その旧城下町の神戸に昭和32年に開設いたしました。以降今日に至るまで急性期、慢性期、在宅、介護と多岐にわたり幅広く地域の皆様のニーズお応えするよう努めてまいりました。

 看護部は、日々めまぐるしく変わる医療情勢の中、日々の看護実践において前看護部長から引き継いだ看護部の理念でもある「やさしさと思いやり」のこころを常に大切に、質の高い看護サービスを目指しています。一般病棟、医療療養型病棟、回復期リハビリテーション病棟、介護老人保健施設、訪問看護ステーションの担う役割を最大限発揮し、患者様・入所者様が、シームレスにそして、その人らしい生活が支援できるよう院内・院外で研修を行っています。

 教育課程においては、プリセプターシップ制度を導入し、新人院内研修は新人研修ガイドラインに添った研修を各部署の管理者も参画し看護部一丸となり行っています。更に、看護部は看護師一人ひとりの自らの学ぶ力を尊重し働き甲斐を持ちながらキャリアアップできるよう支援し、そして地域の病院として地域の皆さまの期待にお応えできるよう取り組んでいきたいと考えています。

看護部長 北知加子

博仁会看護部理念

 看護部は病院理念にもとづき、優しさと思いやりのこころをもって安心と信頼される看護を提供します。

博仁会看護部理念

平成25年度看護部目標

みなさまに選ばれる安全で安心できる看護・介護を提供します。
  • 医療チームの一員として看護・介護の専門性を発揮します
  • 病棟の機能分化と他職種との連携を図り患者さまにあった療養環境を提供します
  • キャリア開発を行い看護・介護の質の向上をします
  • 組織人としての自覚をもち規律ある言動に努めます

COPYRIGHT © Murase Hospital All Rights Reserved.