脳神経内科

脳神経内科とは、脳・脊髄・神経の内科的な神経疾患を専門とする内科です。

認知症、物忘れ、めまい、頭痛、ふらつき、歩行障害、などの体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできない等の症状でお困りの方は、脳神経内科を受診してください。

診察日:4月1日から金曜日の午前に加え、 月・水・木・金曜日の9:00〜12:00も診察が始まります。

担当医:
伊井裕一郎(内科専門医、神経学会専門医、認知症学会専門医)
   専門分野:脳血管障害、認知症、神経変性疾患、免疫性神経疾患

加藤 奈津子(神経学会専門医)
   専門分野:脳血管疾患、認知症、その他神経内科全般

認知症、物忘れ、めまい、頭痛、ふらつき、歩行障害、などの体を動かしたり、
感じたりすることや、考えたり覚えたりすることが上手くできない等の症状でお困りの方は、脳神経内科を受診してください。

また、神経変性疾患である認知症の病態解明を行えるようになりました。
脳小血管病変の高磁場MRIによる解析を行い、脳の微小血管病変の画像化に成功し、脳アミロイド血管症による認知症の予防を目指した診療を行っています。
先頭へ戻る