ご利用案内

一般内科

治療方針

 本院内科は一般内科とともに、心臓・血管疾患、消化器疾患、腎臓病、呼吸器疾患、糖尿病、脂質異常を中心に対応し、高齢者においては急性期疾患の治療から適切なリハビリテーションまでを行うとともに、高齢者医療の向上のため、全病院的にスタッフ教育を行い、病院完結型から地域完結型へ転換して診療を行っています。

主な診察内容

 内科一般の診療をおこなっています。年齢とともに病気にかかることが多くなり、様々な臓器の機能や認知機能が低下しており、ひとつの病気だけを治療しても元気になれないことがあります。このような高齢者を、急性期から慢性期まで医師や福祉関係者が連携して総合的に対応します。内科系疾患全般を幅広く診ることを基本としており、また、「生活習慣病」と呼ばれる心臓・血管疾患、消化器疾患、慢性呼吸器疾患、糖尿病、高尿酸血症(痛風)、脂質異常症等の治療を行っています。薬物治療のみならず合併症の検索、食事や運動などの生活指導も行っています。
 高齢者は、特に、循環器疾患、消化器、呼吸器疾患は多い病気ですが、身体を総合的に診せていただくのが一般内科です。
 また、高齢者の方の入院治療では身体管理のみならず、その特性を踏まえた対応が必要です。原疾患の治療だけでなく、 認知症の進行、転倒・骨折、予期せぬ合併症に対する対応も不可欠なことです。本人や家族の意向や社会的背景を十分に把握したうえで、その方に適切と思われる管理をするように心がけています。


COPYRIGHT © Murase Hospital All Rights Reserved.